モーツアルト – クラリネット五重奏

モーツアルトのクラリネット曲はどれも名曲であるが、特にクラリネット五重奏は気に入っている。

どの楽章も素晴らしいが、4楽章が弦の音色が快活で素晴らしい。クラリネットの素人としては3楽章が一番易しそうで、気に入っている。

動画の原題

Mozart Clarinet Quintet, 4º Movimento – Sabine Meyer & Hagen Quartet

 

モーツァルト クラリネット協奏曲 イ長調K.622 

モーツァルト クラリネット協奏曲はどの楽章も素晴らしい名曲である。第1楽章はなかなかクラリネットの演奏が始まらないので、ここでは第2楽章のAdagioを紹介する。

クラリネットという楽器はモーツアルトの時代に出来たようで、モーツアルトも興味があったのだろう。

クラリネットは豊永美恵さん、なかなかの実力者のようでYouTubeにも幾つも動画が登録されている。

動画の原題

モーツァルト クラリネット協奏曲 イ長調K.622 第2楽章 Adagio

ベールマンのアダージョ – クラリネットの名曲

YouTubeで探しあてたクラリネットの名曲である。この曲はワーグナーのアダージョとして紹介されていることがあるが、どうもべールマンという作曲家の作品のようだ。

ベールマンはクラリネットの名手でクラリネットの発展には欠かせない人のようです。この曲は本来はクラリネット五重奏曲の第二楽章ですが、現在では単独で演奏されることが多いそうです。

動画の原題

Sebastian Manz: H. J. Baermann – Adagio D flat major for Clarinet and Strings

ミケーレ・マンガーニの「アルバムの綴り」 – クラリネットの名曲



YouTubeを探していてたまたま見つけた動画。全く知らなかった作曲家だが、クラリネットの独特の音色が美しく印象的であったので、紹介する。

動画の原題

Fabio di Casola in Pagine d’album di Michele Mangani

ミケーレ・マンガーニ(Michele Mangani)は1966年イタリア生まれの作曲家のようです。

ロッシーニ音楽院でクラリネットを学んでいたようであり、彼のクラリネットの作品は良いのかもしれない。

ウォーロック – カプリオール組曲 – バス・ダンス

この曲はリコーダー合奏の編曲で演奏したことがあるが、歯切れがよくて気持ちの良い曲であった。
ピーター・ウォーロッは100年ほど前のイギリスの作曲家である。バス・ダンスはカプリオール組曲の第1曲目のあるが、組曲の中では一番有名でないかと思う。
いろいろな編曲で演奏されているようであるが、弦楽演奏が一番聴いていて素晴らしい。
リコーダー編曲は若干いやらしいリズムの部分があったが、音楽に殆ど素人の私でも何とか演奏できたので、お薦めである。

Peter Warlock : Capriol Suite

バッハ/グノー アヴェ・マリア

ピアノの旧約聖書のような存在のバッハの平均律クラヴィーア曲集の第1巻 第1曲の前奏曲にグノーがメロディーを付けた面白い曲である。上手くマッチしているから不思議である。

この曲は名曲でいろいろな組み合わせて編曲されている。音楽的には編曲した素晴らしい演奏もあるが、今回はオリジナルの近いピアノとソプラノで選んだ。

私はこの年になると宗教曲のようにゆったりした曲が好みになった。

Bach/Gounod Ave Maria – Laura Ullrich

平均律クラヴィーア曲集 第1巻 第1曲単独の演奏もアップする。

平均律とは1オクターヴの音程を均等な比率で12等分した音律のことで、バッハはこの平均律のため、各調の長調と短調の24曲を作って曲集とした。それが平均律クラヴィーア曲集 である。

平均律で調弦されているピアノは学習者にとって一度は練習することになる曲集で、この意味から旧約聖書のような存在となるのであろう。特に第1番は特別な存在なのであろう。

J.S.Bach – The Well Tempered Clavier: Book I: Prelude and Fugue No.1 in C Major – Sviatoslav Richter

フォーレ – ラシーヌ讃歌

フォーレの宗教的な合唱曲。20才の時パリのニデルメイエール宗教音楽学校の卒業作品として作曲された。表題は「ジャン・ラシーヌの詩による賛歌」という程度の意味で、ドイツ語のコラールのような内容である。
曲想はシンプルであるが哀愁があり好きである。
私はあまり複雑でない合唱曲は比較的好きである。ただし、アカペラは駄目である。この動画はピアノとのバランスが好かったので採用した。

Cappella Amsterdam – Cantique de Jean Racine (Live @ Bimhuis – Amsterdam)

バッハのBWV140「目覚めよと呼ぶ声あり」コラール

J.S. Bach – Cantata BWV 140 Wachet auf, ruft uns die Stimme | 1 Chorus (J. S. Bach Foundation)

バッハの教会カンタータの中には素晴らしい曲が多いが、その代表的なコラール。

バッハのコラール曲はコラール旋律に素晴らしいオブリガートの旋律が絡まりあい、得も言われぬ雰囲気を作りだしている。

パッヘルベルのカノン

Canon in D by Pachelbel (Vetta Quartet from Singapore)

シンプルな曲であるが、心を引き付けられる。管弦楽の演奏の方が心地良いが、今回は原曲の「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」の名前を尊重した演奏で。

ツァラトゥストラはかく語りき – 2001年宇宙の旅のオープニングテーマ

宇宙

Richard Strauss: “Also sprach Zarathustra” op.30

映画「2001年宇宙の旅」は意味がよく分からなかったが、オープニングテーマの「ツァラトゥストラはかく語りき」と次の「美しく青きドナウ」の音楽が強く印象に残っている。そのためか、「2001年宇宙の旅」の印象も強い。

なお、「ツァラトゥストラはかく語りき」で聴くのは冒頭だけで、全曲をまだ聴いたことはない。

サティーのJe te veux

パリ

Je te veux by Erik Satie, played by Daniel Varsano

風変わりな音楽を作曲するサティーであるが、この「Je te veux」が馴染みやすく、しかも洗練されており、パリーの雰囲気を感じさせてくれる曲である。

ゴールドベルク変奏曲 – グールド

フランス宮殿

Bach’s Goldberg Variations [Glenn Gould, 1981 record] (BWV 988)

グレングールドのゴールドベルク変奏曲は最高によい。と言っても全曲を聴いたことは数少ない。この演奏を聴きながら寝転がっていると逸話のように眠くなり出し寝込んでしまうのである。そして、終わり近くの変奏曲辺りに目を覚まし、締めくくりの変奏を聴いたあとアリアとなる。
この曲はアリアのゆっくりしたメロデーから力強く歯切れのよい第一変奏に移るところが最高に良い。そして、長い道のりを辿って最終変奏に辿り着いた達成感と最後にアリアで静かに終わるところが次いで良い。
グレングールドの演奏はピアノをやる人から言わせると変わり過ぎているとのことであるが、楽譜に忠実でなくても、聴き心地はよいので好きである。

プロコフィエフ古典交響曲4楽章

宮殿

Prokofiev: Symphony no. 1 op. 25 “Classical” – Celibidache (4/4)

古典交響曲の中では軽快な4楽章が一番気に入っている。それと古典交響曲はハイドンの技法を参考にしたとのことで曲想が分かり易い。また、若いときの作品だからみずみずしくてよい。

背景画像は各楽章ともフリー写真の宮殿で検索したものを使用した。但し、どこの宮殿かは不明。

 

プロコフィエフ古典交響曲第2楽章

宮殿

 

Prokofiev: Symphony no. 1 op. 25 “Classical” – Celibidache (2/4)

第1楽章に引き続き古典交響曲の第2楽章。

古典交響曲は全楽章とも好きである。第1楽章と同じ小澤征爾の動画があるとよかったのであるが、見つからなかったので、セルジュ・チェリビダッケの指揮でミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団の演奏。

小沢征爾の古典交響曲第1楽章

宮殿

 

Sergei Prokofiev Symphony No. 1 “The Classical” ~ Movement

現在、交響曲の分野で一番気に入っているのはプロコフィエフの古典交響曲 である。理由はよく分からないが、古典交響曲というように、古典的な分かり易い作風と短くてテキパキとした曲想が今の気分に一番合っているのかもしれない。

小沢征爾指揮のベルリンフィルの演奏があったので選んだ。どの楽章でもよいのだが先ずは第1楽章から。