杉本寺本堂

大蔵山 杉本寺

急に坂東三十三箇所観音霊場の納経印を集めることを思い立った。このため坂東三十三箇所観音霊場第1番札所である杉本寺を急遽参拝した。

杉本寺付近の地図

住 所:神奈川県鎌倉市二階堂903
杉本寺は鎌倉駅から歩いて約30分程度のところにある。バスの便もあるようであるが、途中、鶴岡八幡宮の御朱印も貰うことにしたので、歩いて鶴岡八幡宮を参拝した。

鎌倉最古の寺

杉本寺は天台宗の寺院。山号は大蔵山。本尊は十一面観音である。大僧正の行基により奈良時代の天平6年(734年)に創建された。
鎌倉五山第一の建長寺は鎌倉時代の建長5年(1253年)に創建されたものであり、時代が全く違う感じである。鎌倉地区では最も古い寺とのことである。
しかし、現在では大寺院の多い鎌倉において杉本寺は丘に張り付くように建っている比較的小さな寺院である。

背後の山にはかつて足利方の武将で鎌倉府執事を務めた斯波家長が拠った杉本城があった。

本堂前の苔むした石段

杉本寺の前の通り金沢街道は鎌倉時代鎌倉と六浦(金沢八景)港を結ぶ重要な街道であった。道から直ぐ階段は始めっているので駐車する場所はない。
金沢街道から石段を上ったところに山門がある。観音堂はさらに上にある。この部分の階段は鎌倉最古の寺を感じさせる苔むした石段である。現在はこの階段を保護するため、左側に新しい階段が作られている。

杉本寺苔むした参道
杉本寺苔むした参道

本堂(観音堂)

中規模であるが立派な本堂であある。

杉本寺本堂
杉本寺本堂

納経印

納経印は本堂の中の右側のところでもらえる。そこで坂東三十三箇所観音霊場巡り専用の納経帳を買い求め、納経印をもらった。

坂東三十三観音霊場の納経印を集める場合、最初に杉本寺を参拝した場合に限りは納経印に特別「発願」印を押してもらえる。

杉本寺納経印
杉本寺納経印