西明寺の本堂

独鈷山 西明寺(さいみょうじ)

西明寺は坂東三十三観音霊場の二十番目の札所である。栃木県にある札所はどこも素晴らしいが、この西明寺も昔の雰囲気を色濃く残す非常に趣のある寺院である。

西明寺の地図

栃木県芳賀郡益子町益子4469

住  所:栃木県芳賀郡益子町益子4469
電話番号:0285-72-2957

西明寺は益子町の郊外の獨鈷山の南斜面の中腹にある。
交通の便は悪く、直接、真岡鐵道の益子駅から歩くか。駅から出ている東野交通のバスで、城内坂の交差点まで乗れば多少は近くなる。それでも2キロ以上は歩かなければならない。最後は坂道となる。今回は息子に車で連れて行ってもらったので、この点は楽であった。

駐車場からも、長い階段が待っている。

西明寺の階段
西明寺の階段

西明寺について

西明寺は、栃木県芳賀郡益子町にある真言宗豊山派の寺院。山号は独鈷山。院号は善門院。本尊は十一面観音菩薩。坂東三十三箇所第20番札所である。
奈良時代の最盛期の天平年間(729年~749年)に行基により開山されたというから古い寺院である。「土佐日記」で知られる紀貫之の子孫が益子に移り住み、西明寺のある地に紀貫之を祀ったことから始まっている。現在も紀貫之夫妻の像が本堂に安置されている。

西明寺の楼門

入母屋造茅葺きの楼門。1492年に建てられた。国の重要文化財に指定されている。前面には阿形と吽形の金剛力士像が安置されている。

西明寺楼門
西明寺楼門

西明寺三重塔

1538年に建てられた銅板葺きの屋根を持つ珍しい三重塔。国の重要文化財に指定されている。

西明寺三重塔
西明寺三重塔

本堂

西明寺の本堂
西明寺の本堂

西明寺閻魔堂

中には笑った木造閻魔大王坐像が祀つてある。どこかユーモラスな閻魔様である。

西明寺の閻魔堂
西明寺の閻魔堂

納経印

西明寺納経印
西明寺納経印