花の色は 移りにけりな いたづらに

我身世にふる ながめせしまに

小野小町

花の色もすっかり色あせてしまいました。

降る長雨をぼんやりと眺めいるうちに。

(わたしの美しさも、その花の色のように、こんなにも褪せてしまいました)

花の色は – 小野小町

0 comments on “花の色は – 小野小町Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です