空港のイメージ写真

大統領令で米大混乱、280人入国拒否

トランプ大統領の命令で世界は混乱し始めた。今後、この混乱が拡大して行くのか、収束して行くのか注目される。中東・アフリカの諸国は反発するだろう。
この処置にアメリカ国内でも反発が広がっているが、この政策に賛同し、トランプに投票した人達も多数いることは事実である。この人達は移民によって自分の生活が脅かされていると感じているのであろう。

NY連邦地裁は有効なビザ持つ人の送還は認めず

【ワシントン西田進一郎】トランプ米大統領が出した難民や中東・アフリカの一部諸国からの入国を一時停止する大統領令が大混乱を生み、国土安全保障省などによると、国内外の空港などで米入国が認められず拘束・搭乗拒否された人が29日までの3日間に約280人に達した。ニューヨークの連邦地裁判事は、有効な査証(ビザ)を持つ人の送還は認めないとし、大統領令の効力を部分的に停止する判断を28日示した。ただ、大統領令の合法性などには言及しておらず、混乱は今後も続きそうだ。(毎日新聞より転載)

0 comments on “大統領令で米大混乱、280人入国拒否Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です