横浜の港

童謡 赤い靴 – 野口雨情

赤い靴はいてた 女の子
異人さんに つれられて 行っちゃった

横浜の 埠頭から 汽船に乗って
異人さんに つれられて 行っちゃった

今では 青い目に なっちゃって
異人さんの お国に いるんだろう

赤い靴 見るたび 考える
異人さんに 逢うたび 考える

作 詞:野口雨情
作 曲:本居長世

赤い靴の女の子

0 comments on “童謡 赤い靴 – 野口雨情Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です