秋の田の かりほの庵の 苫をあらみ

わが衣手は 露にぬれつつ

(天智天皇)

秋の田の側につくった仮小屋に泊まってみると、屋根をふいた苫の目があらいので、その隙間から忍びこむ冷たい夜露が、私の着物の袖をすっかりと濡らしてしまっているなぁ。
秋の田の – 天智天皇(百人一首)

0 comments on “秋の田の – 天智天皇(百人一首)Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です