春過ぎて  夏来にけらし 白妙の

衣ほすてふ  天の香具山

(持統天皇)

もう春は過ぎ去り、いつのまにか夏が来てしまったようですね。香具山には、あんなにたくさんのまっ白な着物が干されているのですから。
春過ぎて – 持統天皇(百人一首)

0 comments on “春過ぎて – 持統天皇(百人一首)Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です