Prokofiev: Symphony no. 1 op. 25 “Classical” – Celibidache (4/4)

古典交響曲の中では軽快な4楽章が一番気に入っている。それと古典交響曲はハイドンの技法を参考にしたとのことで曲想が分かり易い。また、若いときの作品だからみずみずしくてよい。

背景画像は各楽章ともフリー写真の宮殿で検索したものを使用した。但し、どこの宮殿かは不明。