人はいさ 心も知らず ふるさとは
花ぞ昔の 香ににほひける
紀貫之

さて、あなたの心は昔のままであるかどうか分かりません。

しかし馴染み深いこの里では、花は昔のままの香りで美しく咲きにおっているではありませんか。

人はいさ – 紀貫之