ドラクロア

パーセルのロンド(アブデラザール組曲)

リコーダーをやるようになってパーセルをマークしている。楽譜が単純でリコーダーの合奏には適当な編成であるからである。パーセルの曲の中でアブデラザール組曲は気の利いた短い曲が多く好きな組曲である。その中でもこのロンド、それとメヌエット、ホーンパイプが特に好きである。
このロンドが特に有名になったのは、ブリテンがパーセルのロンドの主題を利用して「青少年のための管弦楽入門」を作曲したからである。私もブリテンの曲から入り、その後、原曲のパーセルのロンドを知るようになった。少し長いが「青少年のための管弦楽入門」も参考までに。

Henry Purcell: Rondeau from Abdelazer (Z570), Voices of Music; performed on original instruments

 

Full length – Britten: The Young Person’s Guide to the orchestra

0 comments on “パーセルのロンド(アブデラザール組曲)Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です