トランプTPP離脱署名

トランプ米大統領、TPP離脱の大統領令に署名

[ワシントン 23日 ロイター] – トランプ米大統領は23日、選挙公約通り、環太平洋連携協定(TPP)からの正式離脱に関する大統領令に署名した。中国の影響が増す中、米国はアジア諸国と距離を置くことになる。

トランプ氏は、大統領令が「米労働者にとって素晴らしいことだ」と指摘。この日行われた労働組合幹部との会談では「すべての人や企業を国外移転させるばかげた貿易協定を停止させる」と述べた。

オバマ前大統領は中国の台頭に対抗するため、経済の軸としてアジア・太平洋重視の戦略へと転換。その一環としてTPP協定の合意を実現させたが、米議会の承認は得られていなかった。

トランプ氏の貿易政策を巡るスタンスは、国際通商協定により国内の仕事が奪われているという米国民の意識を映している。共和党は長らく自由貿易を掲げているが、環境は変わりつつあり、2012年の大統領選で共和党のロムニー候補の顧問を務めたフーバー研究所のランヒー・チェン氏は、「トランプ氏は長年はっきりしていたトレンドを反映している」と語った。

一方、シンクタンク「Center for the National Interest」のハリー・カジアニス氏は、トランプ氏がアジアの同盟国の不安をなくす別の方策を用意する必要があるとし、新たなアジア戦略の主軸として日本や台湾、ベトナムとまず接触すべきだと指摘した。

私の感想

私も国により産業の競争力が異なるので、関税を設けて競争力を調整することは必要だと思う。但し、あまりにも貿易を制限し過ぎると世界全体の経済は冷えると思う。ある程度は国による得意、不得意で生産を分担するのが望ましい。
節度あるTPP協定なら賛成。行き過ぎたTPP協定は反対。

0 comments on “トランプ米大統領、TPP離脱の大統領令に署名Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です