トランプ大統領就任式

トランプ氏、第45代米大統領に就任

トランプ大統領が誕生したが、保護主義的な発言や多くの人達を脅かすような発言などトランプ政権を軸として世界が混乱して行くような気がする。今後、どの様に推移するのか注目して行く。

【ワシントン】ドナルド・トランプ氏は20日、米国の第45代大統領に就任した。変化を痛切に欲する米国に経済と安全保障の大変革をもたらすことを公約に掲げている。
政治経験のない実業家のトランプ氏は家族に見守られる中、世界で最も有力な大国のリーダーの座に就いた。
曇天の下、連邦議事堂で行われたトランプ氏の就任式には大統領選の対立候補だったヒラリー・クリントン氏を含む要人や大統領経験者が列席した。
就任演説でトランプ新大統領は選挙期間中訴えてきたテーマに早速触れ「我々は権力をワシントンから国民の皆さんに戻す」と語った。
「​あまりにも長い間、首都の一部の人間たちが政府の立場から得られる利益を手に入れる一方、国民は負担を強いられた」とし、「それは全て変わる。ここで、この瞬間から」と続けた。
トランプ新大統領が就任演説を行った。
トランプ氏は約16分間の演説の中で、工場閉鎖や老朽化した社会基盤(インフラ)によって苦しんでいる家庭が全米各地に存在することを「米国の大虐殺」だと嘆いた。
さらに、世界における米国の役割が政府首脳の下で誤った方向に進んでしまったとし、見直しを宣言。米国を「他国による略奪」から守ると語った。
以下は、トランプ氏の演説の一部抜粋。
権力を国民に戻す
今日の式典は特別な意味合いを持つ。なぜなら今日、我々は権力を一つの政権から次へ、あるいは一つの党から別の党へ移行しているだけではない。我々は権力をワシントンからあなたたち、米国民に戻そうとしているからだ。
​あまりにも長い間、首都の一部の人間たちが政府の立場から得られる利益を手に入れる一方、国民は負担を強いられた。
ワシントンは繁栄したが、国民はその富を共有できなかった。政治家は豊かになったが、雇用はなくなり、工場は閉鎖した。エスタブリッシュメントは自らを守ったが国民のことは守らなかった 。
彼らの勝利はあなたたちの勝利とはならなかった。彼らの栄光はあなたたちの栄光とはならなかった。そして彼らがこの国の首都で祝っていた一方で、この国中の家族らには祝うことは何もなかった。
この場から全て変わる
それは全て変わる、この場から、この時から。なぜならこの時はあなたたちのものだから。この時は今日ここに集まった人々、そして米国中で見ている人たちのものだ。今日はあなたたちの日だ。あなたたちが祝う日だ。
2017年1月20日は人々が再びこの国の支配者となった日として記憶されるだろう。この国の忘れ去られた人々はもう忘れられることはない。
何十年もの間、我々は米国産業を犠牲にして他国の産業を豊かにしてきた。我々の軍事力が衰退するのを許してしまう一方で他国の軍隊を補助してきた。我々は他国を守ってきたが自国を守らなかった。そして海外で何兆ドルも使ったが、米国のインフラは荒れ果ててしまった。
我々は他国を豊かにしたが、我が国の富、力、そして誇りは水平線のかなたに消えてしまった。
あちらこちらで工場は閉鎖し、海外に移転した。その際に取り残される何百万人にも上る米国の労働者のことなど何も考慮せずに。
この国の中間層の富は奪われ、世界中に再分配されてしまった。
アメリカ・ファースト
この日から新たなビジョンによってこの国を治める。これからはアメリカ・ファースト(第一)だ。貿易、税制、移民政策、外交問題に関わる全ての判断は、米国の労働者と家族の利益になるために行われる。
我々はこの国で使われる製品を作り、この国の企業を乗っ取り、職を奪う外国の略奪から国を守らなくてはいけない。保護主義は繁栄と強さに結びつく。
我々は二つの方針をとる。バイ・アメリカン(米国製品を買え)、ハイヤー・アメリカン(米国で雇え)だ。
文句ばかりで何もしないような口ばかりで行動しない政治家はもういらない。無駄話の時間は終わりだ。これからは行動する時だ。
あなたたちと共に我々は米国を再び強くする。再び豊かにする。再び誇り高くする。再び安全にする。そして共に米国を再び偉大にしていく。

0 comments on “トランプ氏、第45代米大統領に就任Add yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です