トランプ大統領が出した「イスラム圏7ヵ国からの入国を禁止する」大統領令に裁判所が待ったをかけた。

トランプ大統領の政策は過激で反対意見も多いため、円滑には施行出来ないだろうと思っていたが、やはりブレーキがかかった。

トランプ大統領もある程度織り込み済みなのかもしれない。ブレーキはかかるが、ある「程度はその方向に動くのでないだろうか。

米入国制限差し止め、控訴裁が支持 トランプ氏に打撃 

【ワシントン=平野麻理子】サンフランシスコの米連邦控訴裁判所(高裁)は9日、イスラム圏7カ国からの入国を禁じた大統領令を差し止めた地裁判断を支持すると発表した。入国禁止の措置は引き続き停止され、7カ国からの入国は認められる。トランプ大統領は決定を不服として連邦最高裁に上訴する考えを示した。ただ最高裁で多数判断が出なければ、今回の決定が最終判断となる。トランプ氏は就任から20日あまりで、政権運営に大きな火種を抱えることになった。


 問題となっているのは、トランプ氏が1月27日に署名したイランやイラク、シリアなど7カ国からの入国を90日間禁じるなどとした大統領令。直後は空港で入国を一時拒否される例が相次ぎ、政権批判が高まった。

 今月3日、西部ワシントン州のシアトル連邦地裁は即時停止を命じる仮処分を決定。入国管理が大統領令の出る前の状態に戻った。政権はこれを不服として高裁に上訴し、審理が続いていた。

 サンフランシスコ高裁は「公衆は自由に旅行することができ、家族が離ればなれにならず、差別を受けない権利を持つ」と指摘し、3人の判事の全員一致で大統領令を差し止めたシアトル連邦地裁の判断を支持。原告のワシントン州とミネソタ州の差し止め請求が認められた。

 トランプ氏は発表後すぐにツイッターに、強調を意味するアルファベットの大文字で「法廷で会おう。我が国の安全は危機にひんしている!」と投稿。ホワイトハウス内では記者団に対し「これは政治的な決断だ。彼ら(原告)と裁判所で会うことを楽しみにしている」と上訴する考えを示した。さらに「私の考えでは容易に勝つことができる」と自信を見せた。

 トランプ政権は今回の決定を不服として、近く連邦最高裁に上訴する見通し。現在保守派とリベラル派が4人対4人で拮抗している最高裁で多数判断が出ない場合には、サンフランシスコ高裁の差し止めを支持する決定が最終判断となる。大統領令の当面の差し止め処分を巡る今回の訴訟とは別に、大統領令が違憲かどうかを争う裁判ではまだ結論が出ていない。

 ワシントン州のファーガソン司法長官は高裁の決定を受けて記者会見を開き「我々の法律は全ての人に適用され、大統領も含まれるということだ」とコメントした。

 7日の口頭弁論では、トランプ政権側が「大統領令は議会から与えられた権限の範囲内」などと主張。「イスラム教に対する制限令ではない」として正当性を強調した。一方、ワシントン州と後から裁判に原告として加わったミネソタ州は「7カ国からの入国により生じる問題が具体的に示されていない」などと指摘していた。

(日本経済新聞より転載)