スワブ

クラリネットでスワブが詰まる

スワブの詰まり

寒い日が続くが、クラリネットの練習で一番困るのは、クラリネットの中に水滴が多く発生して、下に流れ出し、どこかの穴にはいることである。この様な状態で吹くと水滴が転がるような音がする。

このため、よくクラリネットにスワブを通し、水滴をとる。最近はスワブを通すとき、水滴が下に垂れないようにするのが良いかと思い下から通している。
今回、スワブを下から通していたところ、布が中で詰まってしまい、紐を引っ張っても出てこなくなった。

クラリネットを分解して、下から取り出そうしたが、上管部の真ん中で詰まっており、すでに下からも引き出せない状態になっていた。また、紐を無理やり引っ張るとちぎれそうである。まあ、困ってしまった。

そこで、リコーダー用の掃除棒を取り出し、上から塊を突いた。塊が固く簡単には動かない。それでも少しは内部で弛みが出来たのか、紐が少しだけ、余分に引っ張り出せるような気がした。これを数回繰り返していると、ようやく最後は無事に引っ張り出せた。

どうして、この様になったかは分からないが、今後はスワブが固まった状態で入らないように注意したい。

0 comments on “クラリネットでスワブが詰まるAdd yours →

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です